×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エイズの初期症状とは?

AIDSにならうとどうなる?

AIDSが恐ろしいのは免疫細胞を破壊し免疫力を低下させるため、健康体なら全く問題のない雑菌でもダメージが大きくなってしまうところです。多くの場合は、AIDSの潜伏期間にはほとんど症状が出ないので、気づかないでいることが多いです。

 

しかし、AIDSを発症する前には、特徴的な症状が出ることもあります。長期間の下痢、急激な体重減少、帯状疱疹、口腔カンジダ症、リンパ節の腫れなどです。治療には抗HIV薬を使用します。体の中のHIVウイルスの量が増えないように抑制をし、免疫力の低下を防ぐことが治療になります。以前よりも効果のある薬が開発されてますが、残念ながら発症を抑えられても完治はできません。

 

HIVウイルスの増加の抑制、免疫力低下の予防、感染拡大の予防など早期発見とAIDSの早期治療にはメリットもあります。以上がAIDSの発症や症状についての基本知識です。きちんと理解できましたでしょうか。AIDS検査は定期的に受けるのが望ましいとされています。


AIDS検査キットの通販